買取業者種類

その他、販売業種は様々あります。
デメリットとメリットを挙げてみました。

買取専門店

デメリット
不人気車に対する安全マージンを大きくとる傾向にある事です。
どういう意味かといいますと、買い取り専門店はこのあとオークションや自社のルートによって買い取った車を売りさばいて利益を出さなければなりませんが、 不人気車の場合売り手が決まるまでの時間がかかる恐れがあるので利益が取りにくいのでその分、安全マージンを多くとって安く買い取る傾向にあります。
メリット
買い取り価格に納得がいかなければ売らなければいいだけなので自由度が高いしリスクもない。
交渉も自由にできて人気車種などはオークション相場ギリギリかそれ以上も見込める。これは査定しているのはプロとはいえ人間ですから人気車種で他店競合ともなればオークション実勢価格を超えることもたまにあります。

オークション代行

デメリット
まだまだ一般的でなく組織としては個人でグループに加盟という形がメインのようなので信頼性としては買い取り専門店に劣る。(売却に必要な諸手続きの完了の信頼性など)
買い取り価格に納得できなかった時の問題があり、手数料はいただきませんというスタイルのところもありますがどうも理解できない点が多いです。戻ってくる にしても移動の料金などもあったり何らかの説得を受けそうで面倒です。すなわち自由度が低く手数料は頂きますというところも少なくない。
メリット
買取価格の公平性、これはかなり大きいでしょう。ようは面倒な交渉をしなくていいということです。オークション会場の価格はウソをつかないそのときの相場だからです。手数料は決まってるので代行者もちょっと多く取ってやろうなどということも難しいです。